お茶を入れるお湯の温度って?知ってるようで知らないお茶の淹れ方

お茶は日本人にとってとても身近な存在です。食事やおやつのお供、お客様へのおもてなし、ほっと一息つきたい時など、日常的に触れていることでしょう。
急須に茶葉とお湯を入れるだけ。それだけでは美味しいお茶はできません。正しいお茶の淹れ方でいつものお茶がもっと美味しくなる手順をご紹介します。

美味しいお茶を淹れるお湯の温度

お茶を淹れる際に重要になるのがお湯の温度です。沸騰したお湯をそのまま使うだけでは美味しいお茶にすることはできません。それぞれの茶葉に適した温度にすることでお茶の旨味をグッと引き出します。

温度の目安

煎茶 70~80℃
深蒸し煎茶 80℃
玉露 60℃
玄米茶・ほうじ茶 95℃
新茶 70~80℃

沸騰させたお湯を適温まで冷ます

お湯はその温度で沸騰させるのではなく、沸騰させた熱湯を、湯冷ましまたは湯飲みなどに注ぎ入れ、適温まで冷ましましょう。沸騰したお湯(100℃)を湯冷ましへ注ぐと90℃、湯冷ましから茶碗へ注ぐと80℃、茶碗から急須へ注ぐと70℃と下がります。移し替えるごとに大体10℃ずつ下がると覚えておくとよいでしょう。


庵のお茶を美味しく淹れる


山の玉蒸し緑茶

1.湯呑にお湯を注ぎ湯冷ましをする。約70℃(湯呑を握っていられる程)
2.茶葉を急須に入れる。茶葉は1人あたり2g程度(多めがおすすめです)
3.湯冷まししたお湯を急須に入れて60秒ほど蒸らしてから湯呑に注ぐ。

お湯の温度 約70℃
茶葉(1人あたり) 2g程度
蒸らし時間 60秒

山の玉蒸し緑茶

1,500円税抜

-庵 STYLE- 山の玉蒸し緑茶

1.湯呑にお湯を注ぎ湯冷ましをする。約80℃。山の玉蒸し緑茶よりは少し熱めがおすすめです。
2.茶葉を急須に入れる。茶葉は1人あたり2g程度
3.湯冷まししたお湯を急須に入れて30秒ほど蒸らしてから湯呑に注ぐ。

お湯の温度 約80℃
茶葉(1人あたり) 2g程度
蒸らし時間 30秒

山の玉蒸し緑茶

1,000円税抜

最後の一滴まで注ぐことで美味しいお茶になる

お茶を注ぐ際、最後の方は注がない人もいるかもしれません。しかし、最後の一滴は、お茶の旨味成分がたくさん詰まっているので残してしまうのはもったいないです。しっかりと最後まで注ぎましょう。また、最後の一滴まで絞りきることで、二煎目、三煎目のお茶が美味しくなります。

庵の季節シリーズ
庵の季節シリーズ
庵のお茶について
庵のお茶について
ご利用ガイド
ご利用ガイド